Lorem ipsum

webエンジニア志望の学生の日記です。

NEMessageの技術的な話

f:id:y_temp4:20171211111501p:plain

NEMessageというWebアプリを作りました。この記事では技術的な話をします。

coin.y-temp4.com

サイトはこちら:NEMessage | NEMを使ってメッセージを送ろう

採用技術

NEM周りはNEMのAPIとnem-sdk、フロント技術としてはReactを使いました。

メッセージの表示は以下のQiitaの記事を参考にしました。非常に参考になります。

qiita.com

create-react-appを使って雛形を作りました。雑にアプリを作るときは便利です。

あとルーティングにreact-routerを使っています。最初は入れていませんでしたが、戻るボタン押した時の挙動が気持ち悪かったためきちんとルーティングするために入れました。

地味に使うのは初めてでしたが、そこまでがっつり使うわけでもなかったので特に問題ありませんでした。最初、react-routerは現行のバージョンに良い噂を聞いていなかったため、react-keeperなどを使おうとしましたが、ちょっと自分には合わなかったため結局react-routerにしました。

困ったこと

ホスティングはGitHub Pagesを使っていますが、NEMのAPIがSSLに対応していないため、https://~で始まるURLを参照するとMixed contentになってしまい警告がでます。

ですので、http://~から始めないとサイトを利用できないのが不便です。ぜひ、NEM側にはセキュアなAPIを提供してほしいところです。

さいごに

SNEMS の良い点は、フロントのみでサイトを作っているところです。データはNEMのブロックチェーン上から取ってきているため、こういったサイトが実現できるわけですね。

これはNEMの大きな強みです。おそらく今後も多くのアプリケーションが作られていくでしょう。これからが楽しみです。


その他の制作物

これまで作ってきたものはaboutページにまとめています。

y-temp4.hatenablog.com