Lorem ipsum

webエンジニア志望の学生の日記です。

常用飲料を炭酸水にした

 

最近、朝は完全無欠コーヒーを飲むことが多く、その後に喉が渇くが、飲むものがないと困っていた。

y-temp4.hatenablog.com

飲むものがないというのは、ほかの飲料が家にないというわけではなくて、飲みたいものがないという意味である。

完全無欠コーヒーの後はなんとなく透明感のある飲料が飲みたくて、牛乳は違うし、ジュースは甘ったるいし、お茶はさらにカフェインを取っている気がして嫌だった。

こういう時は水がいいのかな、と思っていたが、水だとなんとなく面白くないので炭酸水にした。

炭酸水はそこまで好きではなかったが、改めて飲んでみると癖になる感覚があり、最近ハマっている。

また、最近は食事の量が少なめということもあり、炭酸水を飲むことでお腹を満たしている。

どの炭酸水が良いか特にこだわりはないので、外出時に購入するものは気分によって変えているが、家で飲むように500mlペットボトルの炭酸水を24本買ったので、家では今後これを飲むことになる。

これを選んだ理由は安かったからなので、次に買うときは適当に変えるかもしれない。

外出時に買う炭酸水は気分によってレモンやグレープフルーツ風味など選べて、気分転換になるので良い。

また、最近の人はあまり水分を摂っておらず、水分をもっと摂ったほうが良いみたいな記事を読んだ覚えがあるので、外出先で炭酸水をたくさん買って飲んでもあまり健康面では気にならないが、金銭的にもったいない気がするので少し困っている。

それと、炭酸水といえばソーダストリームという家で炭酸水が作れる家電があって、最初これを買おうと思っていたが、よく調べてみるとメーカーが謳っているよりも作れる炭酸水の量が少なかったりするみたいな記事を見かけたので、やめた。

今以上に炭酸水にはまったらこれを買うかもしれないが、とりあえず様子見ということで。