Lorem ipsum

webエンジニア志望の学生の日記です。

なぜ、ブログを書かないのか?

自分はブログを書くことにわりと抵抗がない、というか、できることならたくさん書きたいと思っているのですが(あまり更新できてないけど)、自分の周りにはあまりブログを書く人がいません。

そこで、今回は自分がブログを書いていなかった時のことや、ブログを書くことに抵抗があった時期のことを思い出しながら、なぜブログを書かない人はブログを書かない(もしくは、書きたくない)のかについて考えてみようと思います。

ブログを書かない理由

自分なりに考えてみたのですが、自分の立場だったらブログを書かない理由は下みたいな感じになるかなぁと思うので、それぞれの項目について少しまとめてみます。

  • 恥ずかしいから
  • 書くことがないから
  • 文章を書くのが面倒だから

恥ずかしいから

前に書いたwebが好きな理由という記事の後半でもほんの少しだけ触れたのですが、個人的にネットとリアルを結びつけるのに抵抗があった時期があって、そういった意味でブログを書くとそれが友達とかに見られるので、いやな人もいるかな、という感じがします。

書くことがないから

ブログを書けといっても、特に書くこともないから...という人は結構いると思います。確かに、書くことがないのに書けと言われても無理な話です。

ただ、多くの人は書くことがないということはなくて、ただ文章を書く習慣がなかったり、そもそもブログがなかったりするだけな気もします。

実際、自分もこのブログを作るまでは雑記ブログを持っていなかったため、自分の思ったことを書く習慣がありませんでした。

そういった意味では、このブログを作ってよかったかな、と思っています。

文章を書くのが面倒だから

逆に、何か伝えたい事はあるけど、文章を書くのが面倒でブログを書かない、という人もいるでしょう。

確かに、思っているだけの状態からそれを文章にすることは難しいように思います。一応、このブログもなるべく推敲、というか見直しをして、文章が間違っていないか?とか、読みにくい表現がないか?とか確認しているのですが、それでも読みにくかったりするので、文章を書くのは大変なことだな、と日々感じます。

ちょっと話がそれるのですが、最近音声入力がすごい!みたいな記事を見かけることが多く、将来は音声入力でブログを書くのも当たり前になってくるのかな、と思います。この方法だったら音声入力した文章をちょっと直すだけでブログが書けてしまうので、結構楽そうです。

note103.hateblo.jp

ブログを書くことのメリット

では、逆にブログを書く人はなぜブログを書くのでしょうか?多分、書く人にとっては何らかのメリットがあるからだと思います。

そこで、自分にとってのブログを書くメリットは何か?と考えた時、以下の3つが思い浮かびました(まだそこまで実感できていない項目もありますが)。

  • 当時考えていたことを振り返ることができる
  • 自分のことを知ってもらえる
  • 人の役に立つことができる

当時考えていたことを振り返ることができる

y-temp4.hatenablog.com

案外、自分が昔考えていたことは、文章化するなどして残しておかないと忘れるものです。

ブログを書いておくと、当時自分がどんなことを考えていたのか振り返ることができるので便利かな、と思っています。

自分のことを知ってもらえる

y-temp4.hatenablog.com

ブログを書くことによって、自分がどんなことに興味があるのか、どんな考え方をするのか、といったことを他の人に知ってもらえます。

他の人に知ってもらうことの何がいいのかというと、そこから新しいつながりが生まれる可能性があることだと思います。

自分はこのブログを通して何か依頼があったことはないのですが、ある程度ブログで有名になると、ブログ経由で依頼が来ることもあるようです。

これに関しては伊藤淳一さんの以下の記事が参考になるかもしれません。

blog.jnito.com

人の役に立つことができる

例えば技術的なことで得た知見などは分かりやすく人の役に立てますが、ブログに書くことは別にそういったものに限らなくてもいいと思います。

単純に自分の思っていることなどをブログに書くだけでも、それを読んだ人が他の人の考え方を知り、そこから自分の考えを深めていくことができます。

y-temp4.hatenablog.com

どんな文章でも(悪意を持って書かれたものでなければ)、人の役に立つチャンスはあると思います。

さいごに

この記事は本来「ブログを書こう!」みたいなタイトルで書こうとしていたものですが、以前YouTuberのKAZUYAさんが仰っていた知見を生かして、「疑問を持ってもらうこと」を意識してタイトルを変えました(ちょっと安直なタイトルの感じもしますが)。

KAZUYAさんいわく、人に物を勧めたり、何かを広めようとするときは「疑問を持ってもらうこと」を意識しているそうです。

自分は、他の人に自分が「これいいな!」と思うものを勧めるときは、「これいいよ!やろう!!!」とゴリ押しをする癖があるので、ぜひ見習いたいと思い最近は意識するようにしています。

この記事の目標はブログを書く人が増えることですが...どうでしょう?ブログを普段書かない人は「試しに少しだけ書いてみようかな」と思ってもらえましたか?

もし、普段ブログを書く習慣がなかったけど、この記事を読んでブログを書いてみようかな?と思ってもらえたなら、とても嬉しいです。

また、この記事を読んでいる「もうブログをそこそこ書く習慣がある」という方は、ぜひ(「疑問を持ってもらう」という手法を生かして)他に人にもブログを書くように勧めてほしいです😄