読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lorem ipsum

webエンジニア志望の学生の日記です。

書籍 "React: Up & Running" を通じてReactの基礎やモダンなJSの開発環境を学ぶ

React JavaScript 技術書

shop.oreilly.com

“React: Up & Running” を読み終えたので、忘れないうちに感想を書いておこうと思います。

対象読者

目次を見るとなんとなくどんなことが書いてあるかわかると思いますが、この本はだいたいこんな人に向いていると思います。

  • Reactのチュートリアルくらいはやったけど、次に何を勉強すればいいのか分からない
  • モダンなJSの開発環境やツールがあまりわからない
  • ES6の記法をよく知らない

つまり、初心者向けの本です。自分は初心者なのでうってつけ、という感じでした。

本書ではだいたい以下の様なことについて触れます。

  • ReactのコンポーネントとUIの定義
  • JSXによるコンポーネントの構成
  • Fluxによるデータの流れの整理
  • イミュータブルなデータについて
  • Babel
  • Flow
  • ESLint
  • Jest

個人的にこの構成は非常にありがたく、参考になる部分が多かったです。

最近はReactも解説記事が増えてきたと思うのですが、様々なツールなどの知識があることが前提になっていることも多く、この本を通じて一度必要な知識を整理しておくのはいいことかな?と思います。

全体的な感想

本書は最初の方はいくつかのサンプルを通じたReactの解説、後半は1つのアプリを通じたReactの周辺技術の解説になっています。

自分は最初の方だと、Reactのライフサイクルの解説がとてもわかりやすく、印象的でした。昔、一人React.js Advent Calendar 2014 - QiitaReact.jsのComponent Lifecycle - QiitaでReactのライフサイクルについては軽く読んだことはあったのですが、きちんと理解できていませんでした。

この本では実際にログをとってどういう流れで動いているのかが目に見える形で解説されているのが良かったです。

ただ、本書の説明だけでは多少わかりづらいなと感じるところに関しては、やはりReact.jsのComponent Lifecycle - Qiitaとかを見ながら補っていたので、一人React.js Advent Calendar 2014 - Qiitaは常にブラウザに開いておくと何かと捗る印象でした。

後半はWhinepadというアプリの作成を通じて解説を進めていくのですが、この1つのアプリのコードを少しずつ変えながら話が進んでいくのが良かったです。やはり、実際に動くサンプルがある状態で解説があると、コードを見ながら理解ができるため理解がしやすかったです。

例えば、最初はPropTypesで型を持たせているのですが、それをFlowに書き換える解説があり、なんとなく難しそうだなと感じていたFlowの理解が進んだような気がしました(それでも理解できていない部分は多そうですが)。

ただ、Fluxまわりはちょっと完全にコードからは理解できていないため、もう少しじっくり読みなおす必要があると感じました。概念は理解できていると思うのですが、独自にFluxっぽいものを実装している部分がきちんと理解できていないです。

さいごに

自分はこの本とLearning React Native - O'Reilly Mediaを前々から購入しようと思っていたのですが、最近、2016年8月19日までセールをやっていることに気がつき、うまくこのタイミングで買えたので満足しています。

shop.oreilly.com

個人的には、この中だとLearning React - O'Reilly Mediaにも興味があるので、期間中に買っておきたいなと思います。

また、React: Up & Runningに関しては、サンプルのpdfコードがGithubで見れるので、気になる方はここで一度確認してみるのがオススメです。

追記

もう日本語版でてます。

www.oreilly.co.jp