Lorem ipsum

webエンジニア志望の学生の日記です。

僕らが見かけるYoutuberは、ほんとにトップ中のトップなんだな、と思った

最近、YoutubeでいわゆるYoutuberの動画を観ることが多いです。

暇つぶしのつもりで観てたはずが、気づいたら関連動画も観ていて数時間経っていたりするので怖いですが、面白い動画はついつい観てしまいます。

で、ある程度Youtuberの動画を観てると気づくと思うのですが、みんな当たり前のように動画のエンディングで「チャンネル登録をお願いします!」って言うんですよね。

これ自体は前から知っていましたし、別に何の疑問もなく「チャンネル登録者増やしたいんだろうな〜」と思って見ていたのですが、最近、初めて観るYoutuberの動画に対して、自分はチャンネル登録者数を見るクセがついていることに気がつきました。

まぁ、自分が観るのはチャンネル登録者が多い人の、いわゆる「有名Youtuber」の動画ですから、その動画の関連動画の投稿者もチャンネル登録者数が多い傾向にありますし、そういった動画を観ることが多いですが、一方であまりチャンネル登録者数がいないYoutuberもいるわけですよね。

日本の有名Youtuberは多い人で数百万、数十万人のチャンネル登録者がいます。数万人でもかなりすごい方だと思いますが、数十万人に慣れると「ちょっと少ないかな?」と感じるのは怖いもの?です。ほとんどのYoutuberが数百、数千人しかチャンネル登録者がいないことを考えると、数万人でもかなりすごいはずですからね・・・。

で、気になって「上位はどうなっているんだろう?ランキングはどうなっているの?」と思って調べていて、見つけたのがこのサイトです。

ytranking.net

いい感じに日本のYoutuberのランキングだけ書いてあるので、日本のランキングだけ知りたい自分にとってはうってつけのサイトでした。

で、これを見ていて思ったのが「上位陣、知った顔ばっかりだな・・・」ということです。

もちろん全員知っているわけではないのですが、ほぼ知っているというか、よく見かける人だな、という印象でした。

このことから、人気Youtuberになろうとした場合、かなり過酷な競争をする必要があるんだな、と思いました。ブログの場合、上位数パーセントとかに入らなくてもそこそこ人気者あつかい?されたり、収益化できる印象ですが、Youtubeの場合はそうはいかないな、と。

Twitterのフォロワーを見ても、人気Youtuberのフォロワー数は数十万とかですし、これはブログ界隈で人気な人と比べても比べ物にならない数です。

まぁそもそもブログとYoutubeを比べること自体が変なことなのかもしれませんが、自分はブログを書くことや読むことに慣れ親しんでいるので、つい比べてしまいました。

いやぁ、それにしても本当に人気Youtuberになるのって大変なんですね・・・。これを見ていると、人気Youtuberが他のトップYoutuberと交流が多いのも頷けます。コラボとかしないと、一気に人気になるのは無理そうですからね・・・。

コラボばかりするのがいいことかどうかはさておき、今後Youtuberになって生計を立てようとしている人は、こういった事実も知っておかないとまずいんじゃないかなぁ、と思いました。

おわり